ホーム > 子どもの成長・発達

子どもの成長・発達

生まれたばかりの赤ちゃんから、毎日成長していく赤ちゃん。「首はしっかりしてきたかな?」「ミルクは足りているかな?」「離乳食はどうするんだろう?」
そんな時は、相談してくださいね。

子ども成長・発達を見守ろう

同じくらいの月齢の子を見かけると、つい自分の子と比べてしまいがちですよね。でも、子どもの成長にはかなり個人差があります。健診では、子どもがその子なりに成長しているかを診てくれます。保健師さん、管理栄養士さん、歯科衛生士さん、お医者さんが相談に応じてくれます。

お子さまの健やかな成長を願って、健康診査を行っています。
乳幼児健康診査はお子様の健康や発達状況を確認するとともに、保護者の皆さまの子育ての悩みや心配事を解決することも目的としています。

お子さんにとっての初めての離乳食!
「いつからはじめよう」「どうやって進めるの?」
離乳食教室では、楽しい離乳食づくりのコツをお話しています。離乳食のすりつぶし体験もしますので、お気軽にご参加ください。

子どものむし歯予防のために歯・食事のお話とブラッシング指導、歯科健診、フッ素塗布を行います。
フッ素塗布は継続塗布が効果的です。1歳6か月健診の後は歯っぴースマイル教室をぜひご利用ください。

小児科医が乳幼児の身体の発育や発達の相談を行っています。(予約制)

発達に支援の必要な子どもや家庭への様々な支援

成長や発達に、ていねいな配慮や支援が必要な子どもたちが通っています。保育園や幼稚園への訪問指導や発達相談も行っています。

障害のある子どもを育てている保護者を対象とした手当です。

重度の障害のある子どもを対象とした手当です。

病気などの理由で一時的に家庭でみることができない障害のある子どもを短期間預かってくれます。

保護者の介護に係る負担を軽減することを目的に、障害者支援施設・サービス事業所において活動の場の提供、見守りなどを行う「日帰り短期入所」、舞鶴養護学校に通学している児童等を対象に、放課後の児童の見守りなどを行う「就学児童等タイムケア」があります。

児童発達支援  日常生活における基本的な動作の指導、集団生活への適応訓練を行います。未就学児が対象です。
放課後等デイサービス  授業終了後または休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練・社会との交流を行います。就学児が対象です。

障害のある子どもの医療費が助成されます。(対象等に制限があります)

自立支援医療

体に障害のある子どもが手術等を行う場合に、医療費の一部が補助される「育成医療」と、通院して障害に対する医療を受けている子どもの医療費の一部が補助される「精神通院医療」があります。

自立支援医療 育成医療(子ども支援課)
自立支援医療 精神通院(子ども支援課)